ブライダルの専門書
ブライダルの専門書 : ウエディングプランナーのための実践マニュアル
投稿者 : 管理人 投稿日時: 2015-08-18 11:25:22 (10426 ヒット)

完売致しました。

  

ウエディングプランナーのための実践マニュアル

登録情報
新書: 340ページ
出版社: ベネフィックスコンサルティング; 初版 (2007)
著者: 三本賢治 / 谷藤進 ISBN-10: 490407100X
ISBN-13: 978-4904071007



本の内容紹介

これまで日本の婚礼ビジネスに携わってきた人たちは、就職後にホテルや専門式場などの婚礼会場で婚礼ノウハウを習得してきました。しかし、現在のブライダル業界は、就職後に知識やスキルを習得する時間的な余裕がなくなってきています。就職後には、即戦力として対応できる人材を求めているのです。ですから、これからブライダル業界を目指そうとする人は、求められる人材になるためにも婚礼の専門的知識やブライダル業界の動向を知っておく必要があるのです。
けれども、婚礼に携わる人たち向けの専門書籍は少なく、反対に婚礼を行う人たちの書籍や情報誌は多く出版されています。それでは、どうしてブライダル業界には専門書が少ないのでしょうか。その理由は、ブライダル業界が閉鎖的市場で婚礼会場毎に業務が違っていたからなのです。婚礼知識よりも婚礼会場に必要な業務知識さえあれば、婚礼客に対して接客が行えたのです。さらに婚礼の販売方法も画一的だったために多くの婚礼知識を必要としていなかったのです。しかし、2002年頃から始まる第4世代の婚礼ビジネスでは、これまでのビジネススタイルを大きく変えてきています。それまで、クローズドマーケットだったブライダル市場がオープンマーケットへ変貌してきました。さらに、少子化や晩婚化といった社会現象とゲストハウスの台頭により競争が激しくなり、マーケティングやプロモーションが重視されるようになってきたのです。
そのようなことから本書では、ウエディングプランナーにとって必要な婚礼知識の他にブライダル業界の歴史や動向、婚姻件数や離婚率などについて記載しています。婚礼客の立場から学ぶのではなく、婚礼の仕事をする人として婚礼ビジネスの本質を学ぶ人を対象としています。つまり、婚礼ビジネスの基礎を学び、就職や転職さらには独立して婚礼ビジネスを開業しようとする人たちのための書籍として執筆しました。
例えば、「ブライダル業界とはどのような業界であるのか」「ブライダルに必要な知識とは何か」「ウエディングプランナーはどのような仕事を行うのか」などについて、本書は明確な答えを用意しています。さらには、マーケティングやプロモーション活動、ウエディングプランナー以外の婚礼スタッフの業務についても詳しく解説しています。これは、単に就職を目的とした専門書ではなく、就職後も活用できることを目的としているからです。
本書の使い方として、第1章から順に読まれるのではなく、必要に応じた章から読まれることを想定しています。なぜならば、婚礼の知識の習得は積み上げ型ではなく、掘り下げ型で学ぶことが望ましいからです。婚礼ビジネスを学ぶには、婚礼カップルがどのように婚礼の準備を行うかを知ることよりも、職業としてどのように婚礼カップルに接して業務を行うのかについて学習する必要があります。その学習方法として、本書では必要な章から読み始め学習することをお勧めいたします。

この本は、「紀伊国屋新宿本店」「ジュンク堂大阪本店」でも販売しています。

詳しくは → 紀伊国屋新宿本店の地図    ジュンク堂大阪本店の地図

インターネットでは → AMAZON.CO.JP の販売サイトページ


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
ちかこ先生のオーダーメイドマナーレッスン

 ちかこ先生のオーダーメイド・マナーレッスン

ちかこ先生の朗読

ちかこ先生の朗読


GNK 生活・職能日本語検定試験

こころの再生



グリーンツーリズム農協観光



生活・職能日本語検定試験


アクセスカウンタ
今日 : 10363
昨日 : 2252
総計 : 10641553
平均 : 3367