前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-9-12 0:26
管理人  管理人   投稿数: 311



基本的にビジネスでは固定電話を使いましょう。頂いた名刺に携帯の番号が載っていても初めての場合は会社にかけて本人につないでもらうのが、ビジネス社会での電話のかけ方マナーです。

1)電話をかけるときの注意点は?

・話すスピード
人によって声のトーンは異なるが、一分間に250文字〜350文字の速さが理想とされる。
アナウンサーは、1分間に400文字程度話します。

・聞き取りやすく
自分の声が相手にどんな風に聞こえているのか録音して確認してみる。
意外に自分の声は、耳慣れないものです。一度自分の声を聞いてみて、その特徴を知っておくのも、自己演出の方法をして用いられます。但し、マナーからは少し離れるお話しですが・・・

・時間帯
ご飯の時間帯、深夜・早朝はひかえるようにしましょう。

・相手の状況を確認する
「お時間よろしいでしょうか」と切り出すことが大切です。

・語尾までしっかりと話す
焦らずはっきり発音しないと、相手に話の内容が伝わりませんね。

・声の表情
笑顔を意識すると感じがよくなる。電話の前に鏡を置くとよいでしょう。                
              
2)電話を受ける時の注意点は?

・電話は3コール以内にとるのが理想
ワン・コールなるのに1秒、次のコールまでに2秒の間があります。
4コール目は「お待たせいたしました。」4コール目以降は「大変お待たせいたしました。」と言いながら受話器を受けましょう。

・少々お待ちくださいとはっきり言うようにしましょう。                                    
・電話に出るのが遅れても、呼吸を整えて落ち着いて電話に出る。
・利き手でメモをとり、反対の手で受話器を取る
・携帯の場合は電波のよい場所を選ぶ。
・必要な文房具は自分で用意しておく
・伝言はメモをして見やすいところにはっておく。

                                      
3)5W2H(要点をまとめる基本)の活用

When     (いつ)
Where    (どこで)
Who      (だれが)
What     (なにを)
Why      (なぜ)
How      (どのように)
How much (いくらで)


「3S」を心がけましょう!

「スピーディー」に「スマート」に「シャープ」に


投票数:83 平均点:9.64
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名   :
投稿本文